スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4番目ちゃん、残念です。。。

今朝、毎日の放鳥掃除でインコ部屋に行くと、仕事前の母が床に座っていた。
どうしたのか尋ねると、
ウミちゃんが、巣箱どころか新居からも外出して、他のカゴに居るんだが、大丈夫なのかと逆に聞かれる。
見ると確かに嫁のウミちゃんが放鳥中で誰もいない年中組のカゴに入って羽繕いなどしている。
まあ、母親が少しゆっくりしたくなったのかもしれないので、別にいいんじゃないかと思った。
そして母が『今のうちに巣箱を開けてヒナを見ようと思ったけど、なんか怖くて』というので、
開けて見せてやった。
ヒナを見て嬉しそうにするウチの母。
私はいつも通り、巣箱のヒナをチェックする。
卵は2個。もう生まれないかもしれない。
でもなんかおかしいヒナがいることに気付いた。
…、動いてない、どころか体が硬直している。
大きさからして2日前に生まれたであろう4番目が、亡くなっていた。
巣箱から出してやり、母に埋葬してもらった。
圧死か、エサを満足にもらえなかったか…。
ヒナを見るのに慣れていないせいで、申し訳ないことをしました。
新居を元に戻すと、ウミちゃんは1~2分ほどしてから、そそくさと巣箱に戻りました。
…4番目のためにも、そして他の子のためにも、ウミちゃんは埋葬してほしかったのかもしれません。
それからは普段通り、巣箱から出ても新居から出ることはなく、
巣箱を空けても1分以内には戻っております。
他の卵も、無理かもしれない。
自然界ではそれが普通かもしれないけれど。
もしもしも残りの卵が孵ったら、その頃には1番目を巣箱から上げたほうがいいかもしれません。
あと1週間くらいは巣箱に入れておこうと思います。
1番目の体には白い羽が生え始め、翼はなんとなく青味のある灰色のような色が出始めました。
2番目もツクツクの先端が覗き始めています。
3番目は上の2羽に寄りかかられながらも頑張って、日ごと大きくなっています。
どうか4番目の分も元気に生きて行ってほしいです。


ダイちゃん
子育てを意外に頑張っているダイちゃん。
よく食べてはウミちゃんに吐き戻しています。
巣箱にも入って子供達を温めています。

君達、まだ生まれて半年くらいしか経っていないのに、本当に頑張っている。素晴らしい。
私なんて、そして世の中の多くの人間だって、
生まれて何十年と生きていても、それには敵わない気がする。

人間ってあらゆる生物の頂点と言われているようだけど、
それって甚だ疑問だと私は常日頃思います。。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
LOVE スタバ!
ブログ村 鳥記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。