スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事2羽目孵化。

今朝、放鳥掃除の時に巣箱確認をしましたら、
さらに1羽、孵化しておりました(*´Д`)
写真は撮りませんでした、覗くだけでも嫁が自分の体の下に隠そうとして卵や雛がもみくちゃになるので…
ちょっとの確認だけは、なんとか我慢してもらっております。
いまのところ、巣の放棄もしておりません。

しばらく前からうちに居る中年ズ。
中年ズ
我が家生まれの仲睦まじいご兄弟です。
ハミハミしてもらってますね( *´艸`)

卵から孵化して、手乗りにしなかったのでずっと親鳥が育てていました。
なので、その頃の記憶…どのように雛が成長したのかとか、私は全然覚えていません(;'∀')

ということで、取り敢えずネットで簡単に調べてみました。


・雛の鳴き声が弱々しい時は、人間が育児補助をする。

んー、声はしているけど、そんな頻繁じゃないが…これが弱々しい範囲なのかが分からない。
でも生きている。
軍手などをして人間の匂いがつかないようにとのこと。
…あれを手に持つのが怖い、壊しちゃいそうで…。
(人間の赤ちゃんを抱くのも恐ろしいのに)

・親鳥に栄養価の高い食餌を与える。

これはそうでしょうね!
鳥用ベビーフードを親の食餌に振りかけてやるのも良いとのことで、早速買ってきて今朝から実行。
ちなみにケイティのexactとかいう。
あとは卵の黄身(たんぱく質たっぷり)も良いとのこと。
卵黄ミックスなるフードがあったので、粉々にすりつぶしてこちらも振りかけ。
…でも卵黄ミックスの袋に『卵を抱き始めたら与えない』と書いてあるのだが…。
なんか発情促進にもつながるようです…なので控えめにしてみました。
小松菜などもカルシウムをとるのに良いそうですが、ウチの子達は食べません。。。
ですので小松菜粉を購入してこちらも振りかけ!
すべて粉なので、シード大好きで他が嫌いでも多少は口に入るだろう!

・手乗りにする場合は、生後2週間ほどしてから育児補助と同じように。

どうやらその頃になると産毛が生え揃うとか。
早いな、成長!
ウタちゃんの名前の由来は『ヒナヒナで歌丸師匠に似てた』からなんですが、つまりは2月末にはそのような状態(どのような?)になるわけです。
昼間、軍手などして差し餌をして、朝晩は親元で暮らす生活にすれば、人間の手を恐れないようになるそうな。
なるほど。



…まああとは冬ですし、温度が下がりすぎたりしないように気をつけなければなりませんね。
保温電球大活躍。
買っておいて良かった。

孵化して2週間は、取り敢えずダイちゃんとウミちゃんに主に頑張ってもらいます!
私は親のサポーターとして頑張りましょう!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
LOVE スタバ!
ブログ村 鳥記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。