スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴマちゃん再び怪我。

先日、足にかなり細い傷をつくっていたゴマちゃん。
もうその傷は見えなくなりましたが、
今朝再び足に傷が…しかも喧嘩で。


喧嘩の相手は↓ダイちゃん。
ダイちゃん
巣箱からあまり出て来なくなった嫁・ウミちゃんのいる新居に近付く者をよく警戒します。
(まだ巣箱には卵ありませんです)

ダイちゃんゴマちゃん
野次馬が多い新居ですが、
放鳥中でもダイちゃんは度々新居の中に戻っては巣箱を確認してまた外に出る、と繰り返しています。

で、上の写真のようにゴマちゃんが洗濯バサミに止まって中を見ていました。
ダイちゃんはカゴに張り付いています。
でも別に喧嘩しているわけではありませんでした。

が、この後『ギャギャギャギャ!!』と叫び声が聞こえて。

見ると喧嘩…すかさず間に私の手を入れ制止。


…ゴマちゃん、どうして右足を腹毛に収めているの???
足噛まれたか?

カゴを挟んで向かい合っている場合、
足の置場が悪いと相手に噛まれることがままあります。
しかしその後に腹毛に足を収める動作をするのはみたことありません。。。

…おいおいまさか…私は嫌な予感がして、
ゴマちゃんを掴みました。
(この点、ゴマちゃんは人の手を怖がらないので助かります…でも手からすぐ逃げたりします)

案の定、手から擦り抜けてゴマちゃんはまた新居を見に行きましたが(しつこい)、
私の手に血がああ…ああああ、また怪我!?
怪我しても野次馬しに行く…もはや間抜けなゴマちゃん。
どんなに引き離しても見に行くので、カゴに止まれないようにビニールカバーを被せました(-_-)

ゴマちゃん
怪我後のゴマちゃん。

怪我部分が撮影できませんでした…例によって動きが活発過ぎて。
でも前回の傷が左足の木などに触れない上側だったので元気そのものでしたが、
今回は右足の裏側…相変わらず走り回ったり動き回ったり↓
ゴマちゃん
するのはするのですが、
ふと動かず止まっている時は腹毛に足を収納しています。
さすがに傷に触れると違和感、もしくは痛いのでしょう…(T_T)

せっかく怪我が治ったと思ったのにまた怪我です。
しばらく注意深く観察です。。。

夫婦の新居は冬ですし、常にカバーの前を閉じて足を攻撃されないようにします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
LOVE スタバ!
ブログ村 鳥記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。